視力回復がかなう眼科の選び方

定期的に眼科で視力の検査をしましょう

眼科というのは目の病気を治療するほか、視力の異常を矯正するために受診する診察科でもあります。視力の異常というのは、近視、遠視、乱視、老眼などがあります。近視、遠視、乱視は目の屈折異常によって目が物を見る時にピントがうまく合いづらくなるために起こる現象です。これらは眼鏡やコンタクトレンズといった視力矯正方法を用いてものが快適に見えるように調整を行う必要があります。また、子どもの仮性近視は目薬などを用いて治療を行います。老眼は目の屈折異常とは少し異なり、加齢による自然な現象ですが、眼鏡を用いることが必要になります。

眼鏡やコンタクトレンズは眼科ではなく眼鏡店やコンタクトレンズセンターなどで販売されていますが、眼科の処方箋を使うので眼科を受診してから購入することになります。特にコンタクトレンズは医療機器になり正しい方法で使わないと健康に影響が出ることもあるものなので眼科で検査を受けて目に問題がないことを確認する必要があります。視力が単に低下している場合もあれば、目の病気にが原因でものが見えにくくなっている場合もあるのです。この場合は視力矯正が正しい対処法ではないので、眼科で原因を見つけてふさわしい治療を行う必要が出てきます。視力低下や視野の異常が感じられたらすぐに眼科を受診するのがのぞましいです。また、定期的に眼科を受診して目の状態や視力に変化がないか検査を受けるのが良いです。特に眼鏡やコンタクトレンズを使っている人は眼科でメンテナンスを受けることが目の健康のためにもおすすめです。

おすすめ

Copyright (C)2017視力回復がかなう眼科の選び方.All rights reserved.