視力回復がかなう眼科の選び方

私が眼科で視力を見てもらうわけ

私が眼科に定期的に通うようになったのは、もう10年以上も前のことになります。通い始めのきっかは、アレルギーで、眼が痒くなったり、眼の縁に湿疹みたいなのができたからでした。リポスチンとフルメトロンという点眼薬を処方してもらっていました。通い始めた最初のうちは、毎日点眼していないと、痒かったのですが、段々に症状も改善されて、強いかゆみは少なくなってきました。

そのうちに、今度は年とともに視力が段々衰えてきて、視力の相談にものってもらわなければならなくなってきたのでした。70歳以上の運転免許の更新には、事前の講習が必要になってきます。その事前の講習で、視力が0、6なので、このままでは更新できないと言われたのでした。それで、眼科に行って、そのことを話して、相談しました。視力を測って貰ったら0、7と0,8でした。眼科のお医者さんは「裸眼でも大丈夫ですよ。」ということで安心したのでした。免許の更新の視力検査も無事に通りました。70歳以上の免許の有効期間は、3年しかないので、その後もまた、眼科で検査をしてもらってから更新に行くことにしています。

眼科に通い始めてから10数年、アレルギーの方は、かなり改善されて点眼するのを忘れていることが多くなってきましたが、今度は、ドライアイになってきたらしく「人工涙液マイティア点眼液」という点眼薬を貰っています。アレルギーから始まった眼科通いでしたが、年とともに他のことや視力の事などで受診することの方が多くなってきました。色々のことがあって、今、つくづく思うのは、行きつけの病院があると言うことは、とても大事なことだということです。それに、私の行っている眼科のお医者さんは、女医さんで、とても優しく接してくださるので、受診した時、ほっとした気持ちになります。お医者さんは、雰囲気も治療のうちなのかなと思います。

おすすめ

Copyright (C)2017視力回復がかなう眼科の選び方.All rights reserved.