視力回復がかなう眼科の選び方

若い内に眼科に行っていれば、視力は改善されやすいです。

私は生まれつき視力が悪いです。左目は近視、右目は遠視と近視、乱視と弱視が混じっています。左目は正常な人と同等に物を見る事ができるのですが、右目では何を見てもぼんやりとしています。保育園児の頃、視力検査の際、右目を測ろうとした時に私があまりにもはっきりしない答えを出すので、先生に怒られたくらいです。それでも高校になるまでは放っておきましたが、さすがにそれを放置するのはよくないだろう、と両親に指摘され、眼科に通う事になりました。

左目はともかく、右目の視力をよくするには訓練が必要だという話になり、しばらくは右目だけを使って生活をするように心がけてください、との診断が医師から下されました。一日中右目だけで物を見るのは苦痛で辛かったので、テレビを見る時とゲームをする時だけ、医師の言われた事を実践しました。しかし、忍耐力のない私はそれを我慢する事はできませんでした。その事を医師に伝えると、すぐに専用のメガネとコンタクトを作るように手配してくれました。その時の診察では、色んなレンズを使って、どの度数が自分に合うか、試す作業が行われました。左目はどのレンズを試してもクリアに見えたのですが、右目はそうはいきませんでした。結果的に、右目に関しては、どのレンズも私には合いませんでした。

試行錯誤して完成したメガネやコンタクトレンズを使用すると、左目は明らかに物がはっきり見えるのに、右目だけはそれほど視力が改善しませんでした。しかし、免許を取るのに必要な視力を得る事ができたので、とても安心しました。

おすすめ

Copyright (C)2017視力回復がかなう眼科の選び方.All rights reserved.